不動産コンサルティング

「今売るべきか将来売るべきか」「貸すべきかそれとも売るべきか」「今買うべきなのか」など、将来に大きな影響を与える不動産取引を決断することは簡単ではありません。
それでも、今考え得る内容を「根拠」を示して、公正中立な視点からご提案をさせて頂くことが、小さな不動産会社だからこそ出来る不動産コンサルティングだと考えています。

下記でご紹介する内容は、20年以上、この不動産業界に身を置き、お客様からお聞かせ頂いた「不動産取引に関する後悔」のベスト10と云うところでしょうか。
当社では、お客様にこの様な後悔をいただくことが無いように対応させて頂いております。

売買専門店に行ったら「買いましょう」「売りましょう」と薦められた。

当社のご提案

不動産コンサルティング

「転勤が多い」「将来帰省しなければならない実家がある」など、お客様を取巻く環境は様々です。
また、「終の棲家と考える」のか、「将来の帰省に際して手放す予定」なのか、「貸して家賃収入を得る」考えもあるのかなど、お客様の方向性も様々なのです。
ファイナンス面でも買う方が得、借りる方が得など様々な意見がありますが、私自身の信念としては「老後」の住まいをどう確保するか、居住費を将来どう抑えていくかというのが不動産購入の根底と云っても過言では無いと思っております。
将来に渡ることなので確実にという訳には参りませんが、できる限りをシミュレートして最終的なご判断を頂けるご提案をさせて頂きます。

賃貸専門店に行ったら「貸しましょう」と勧められた。

当社のご提案

前項にも影響しますが、最近は売却するよりも、賃貸に出して家賃収入を将来の年金の補填として考えるお客様が多くなられた気がします。
「家賃相場がこれ位なので家賃収入が毎月○○万円。」と単純に考えてしまいがちですが、賃料を得て「住まい」を貸すということは、人が住める環境を維持していくというオーナー責任が生じることを考えることが必要です。
入退去があれば改装費用も必要になり、空室リスクも考慮する必要があります。
固定資産税等や前述の改装費用、借り入れが残っている場合の収支等、複合的に検討し、根拠を示してご提案をさせて頂きます。

住宅ローンは何処が良いと聞いたら「この銀行が金利が一番低いのでここで」と勧められた。

当社のご提案

マイホーム購入に際して、多くのお客様は住宅ローンをご利用になられます。
物件は皆さま真剣に吟味なされるのですが、今迄の人生とほぼ同じ期間の付き合いとなる住宅ローンの商品選びは業者任せになっている方が多い様に思います。
金利の低さは実支払いに影響してくるので重要な選択肢ですが、変動金利は将来金利が上がるリスクがあることを認識する必要があります。
今は低金利が続いていますが、永い付き合いとなる住宅ローンの商品選択・資金計画は物件探しと同様もしくはそれ以上に重要な項目と捉えてご資金計画をご提案させて頂きます。

見学に連れて行って貰った物件全て「良いでしょ!」としか言われなかった。

当社のご提案

周辺環境や境界・越境事実等々室内を一見しただけではわからない部分についても、不動産取引のプロとして、しっかり確認しご提案をさせて頂ける様に心がけております。

規定の築後年数を経過しているから住宅ローン控除は利用できませんとしか言って貰えなかった。

当社のご提案

不動産コンサルティング

売主様のご承諾と別途費用が必要になりますが、耐震基準適合証明書や中古住宅瑕疵保険を申請することにより、住宅ローン控除、登録免許税の軽減、不動産取得税の軽減等、様々な税制優遇をお受けいただくことが可能な場合もございます。
税制は頻繁に変わり、優遇を受ける為にはタイムリミットもありますが、当社では優遇を受ける方法が無いか調査を行い、少しでもお客様に有利な情報をお届けさせて頂きます。

初めての不動産投資で物件を探していたら、現状家賃の「表面利回り」だけで薦められた。

当社のご提案

前項にも記しましたが不動産投資というより不動産を保有していると様々な負担が発生します。
賃貸借期間中、原則毎月一定額が家賃収入として入ってきますが、区分所有建物の管理費等、家主様の火災保険、租税公課、ローン支払いなどが負担となります。
さらに忘れがちなのがメンテナンス費用で、物件のタイプにより改装費用も大きく異なる場合があり、将来を見据えた具体的な検討が必要です。
毎月いくら儲かるという考え方ではなく、何年後にいくら収益が上がるのかという視点でご提案をさせて頂きます。

「この物件は当社でしか買えません」とプレミアム感をあおられて買ってしまったが、入居しても売れ残り、他の区画はどんどん値引きされた。

当社のご提案

いわゆる「物件情報の囲い込み」については、私どものような小さな会社ではどうすることも出来ませんが、複数分譲物件の場合では、毎週末に仲介業者がオープンハウスに来ているという物件も少なくありません。
単に他では買えないからという理由だけではなく、周辺と比べてどうなのかという冷静な視点でご判断されることをお薦めさせて頂きます。
気になる物件がございましたらお気軽にご相談をくださいませ。

住宅ローンの返済が苦しいと言ったら「売りましょう」としか言われなかった。

当社のご提案

資金計画の大切さは前述の通りですが、予期せぬことが起こるのも事実です。
売買を本業とする不動産業者にローン返済困難の相談をすれば「売る」話になってしまうのも仕方ありません。
弊社では、弁護士・司法書士の先生方から任意売却のご紹介を頂く機会が多いこともあり、専門家による相談ネットワークを確立しています。
マイホームを手放したく無いというお客様については、士業の先生をご紹介させて頂き(勿論紹介料等頂きません)、任意売却では無く個人再生の選択肢は無いかも一緒に検討させて頂きます。
ローン返済が困難になってマイホームを売却したとしても、「住まい」は必ず必要になります。お客様のご意向を尊重し、様々な選択肢を提携士業と共にご提案をさせて頂きます。

中古住宅を買った後、すぐに修理が必要になった。それなら住宅ローンにリフォーム分を含めて借入れしたかった。

当社のご提案

ある程度の建物に関する知識があったとしても、毎日家を見ている建築会社、設計士とは雲泥の差があるのは当然です。
弊社では提携の工務店がございますので、お客様にご要望により、物件内覧時に工務店を同席させていただくことも可能です。
近・中期的に必要になると予想される補修内容についても、ご提案をさせて頂きます。

親が施設に入って実家が空き家になったので、何か良い方法はと尋ねたら「先ずは査定を」と売る方向でしか応えてくれなかった。

当社のご提案

不動産コンサルティング

ご存命中、相続が発生した後でもご両親との思い出が詰まったご実家を手放すことに抵抗を感じる方は少なくありません。
最終的な方向性のご選択はご家族様に委ねることになりますが、今すぐ売却した場合と将来売却した場合の納税予想額など、税理士法に抵触しない範囲でご一緒に検討させて頂きます。
必要があれば税理士のご紹介も可能ですので、様々な選択肢を把握頂いた上での決断を推奨しております。

当社では、宅地建物取引士、2級ファイナンシャルプランニング技能士、管理業務主任者(未登録)、不動産コンサルティングマスター、競売不動産取扱主任者、住宅ローンアドバイザー、既存住宅アドバイザーの立場から、弁護士、司法書士、税理士、土地家屋調査士、設計士、工務店、産廃処理業者等士業・専門業者と連携して、ワンストップでご安心頂ける不動産取引をお約束させて頂きます。

ご相談は無料。落ち着いて不動産取引を考えたいというお客様は、お気軽に何なりとご相談をくださいませ。