これからの住まい探し。当社からのご提案

不動産取引に失敗しないための基礎知識

2014年8月10日掲載記事です。

インターネットの飛躍的な発展と共に、様々な不動産ポータルサイトが擁立され、最新の物を含めた物件情報は、私共不動産業者と同じ位もしかするとエリアを絞ってお探しになられているお客様のほうが良くご存知でいらっしゃる時代では無いでしょうか?

物件情報は、ネット上で探せば出てくる時代です。実際ポータルサイト等でお探しになられたことのあるお客様はお気づきかと思いますが、同じ物件情報を数社の不動産業者が掲載している。また、実際に不動産業者に問い合わせてみると、ネットでご覧になられたことのある物件ばかりを紹介された等々。

そうなんです。広告に「掲載している」「していない」に関係なく、ほとんどの物件は何処の不動産業者でもご紹介をさせて頂くことが出来るのです。

ご売却のお問合せを頂いた後の売却のスケジュールを簡単にフローで表すと以下の図式となります。

①査定・ご売却のご依頼。媒介契約(ご売却のご用命)の締結
②専属専任媒介契約の場合は5日以内専任媒介契約の場合は7日以内に指定流通機構(レインズ)に登録
③指定流通機構への登録後は極端な話、北海道から沖縄迄全国の指定流通機構会員(不動産業者)が登録物件をお客様に ご紹介することが可能です。

少し大雑把な業務フローではございますが、ご覧頂いての通り、原則的には約1週間程度の早い遅いはありますが、(一般媒介を除きます)、「より広い範囲で購入者様を探し、一円でも高く売主様の大切な資産をご売却する」と云うのが宅建業法でも定められている理念であることから、ほぼどの物件も、どこの不動産業者からでもお買い求め頂くことが出来るということをご存じないお客様も結構多いのです。

それじゃ、「何処の不動産業者に相談すれば良いの?やっぱり名の通ったところが安心?」そうおっしゃられるお客様の声が、ネット越しにも聞こえてきそうですが、決してそうでは無いと思います。お客様がどれだけリラックスしてマイホームの購入・売却と云う人生の一大イベントを安心して任せられる業者であるか否かが、最大のポイントかと思われます。これからは「物件情報」と共にどれだけの「サービス」をお客様にご提供させて頂くことが出来るか、それがこれからの私共「不動産業者」に課せられた「ミッション(使命)」だと思います。 今までは

①お客様からのお問い合わせ
②物件のご案内、ご内覧時に簡単な資金内容のヒアリング
③ヒアリング内容により不動産業者がお客様の借入可能額を簡易計算
④借入れ可能範囲内での物件のご紹介
⑤お申込み→ご契約

弊社が想うこれからのスタイルは
①お客様からのお問い合わせ(物件のお問い合わせだけでなくご資金計画のご相談から頂けることを願っております)
②ライフスタイルに併せた将来まで見据えたご資金計画のご提案、住宅ローンの商品説明等を解りやすくご説明したうえでのご予算の決定
③ご予算の範囲での物件のご紹介・ご案内、物件によってはリフォームのご提案等
④お申込み→ご契約

「お金の話ばかりではつまらない」「家を探しに来たのだから家を見たいのに」お客様のおっしゃることはごもっともです。勿論上記フローが絶対ではございません。お客様のご希望に合わせたスケジュールでのお手伝いをお約束させて頂きますのでご安心下さいませ。

ただ、良いものは誰がみても良い。ただ良いものはお値段も良くなってくるのも事実です。最初に高額の物件を見てしまったがゆえに、ご無理のあるご資金計画で購入なされ、結果ご返済が厳しくなってこられている方や休日のレジャーや外食等を我慢なされてお暮しになられている方も見て参りました。だからこそ、無理の無いご資金計画をご提唱させて頂きたいのです。

マイホーム購入に背伸びは厳禁です。軽いつま先立ちなら健康にも良いとされていますが、一日中背伸びをしていたのでは、疲れだけが溜まり強いては健康にも影響してきます。お住まい探しも同じです。無理の無い返済計画、リスクもご理解なされたうえでの住宅ローン商品のご選択を頂くことだけでも永く、快適なお暮しを頂けるものと弊社は信じております。

保証の面につきましても、「もしもの時に大手は安心」と思われているお客様もいらっしゃいますが、仲介業に関して申しますと、仲介業者が負担することとなる建物の瑕疵(欠陥)の保証は基本的にございませんので、大手、中小共に条件は同じでございます。ただ、最近は一部の大手業者の中に瑕疵担保責任負担サービスなるサービスをなされているところもございます。(但し売買価格が2,000万円以上、築年数が何年以内等条件を付されている場合がほとんどです。

そんなお客様のご不安を解消する為、弊社でも瑕疵保険加入をご推奨させて頂いております。新築物件に宅建業者が義務付けられている「瑕疵保険」ですが、中古物件の、それも個人間売買でこの様な制度があるのをご存知でしょうか?弊社では売買代金2000万円以上(ここは某大手仲介業者と同じです)のお客様に瑕疵保険検査料・保険料を当社負担でサービスさせて頂いております。※瑕疵保険加入には第三者の検査機関が実施する建物検査が必要です。売主様の検査のご承諾、築年数・建物の状況によりご加入頂けない場合がありますことを予めご了承下さい。その他諸条件がございますので詳しくはお気軽にお問合せ下さい。

少しでも買主様の「ご不安」を「ご安心」に変えて頂ける様、精一杯お客様のお住まい探しをサポートさせて頂きますので、先ずは一度お気軽にお問合せ下さいませ。
皆様からのお問合せを心よりお待ち申し上げております。

コメント